Service of リーガルーツ司法書士事務所



全ては「出会えてよかった」を実感して頂くために

HOME > Service

dairy life (日常生活におけるトラブル)

iStock_000003684307XSmall.jpg

安心で安全な日常生活を脅かすトラブルについて、その存在と対処法を事前に詳しく理解しておくことが大切です。近年、後を絶つどころかより複雑巧妙化していく悪質商法により契約させられてしまったり、家族の一員として大切な存在であるペットがトラブルに巻き込まれたり…適切に対処すればそれほど大きな問題にならないことも、一つ間違えば取り返しのつかない事態にまで発展してしまうことも少なくはありません。いつ何時、裁判の当事者として法廷に立つかわからない時代とも言えます。そうしたトラブルに備えるために必要な知識や対処法をご提案させて頂き、また実際にそのようなトラブルに巻き込まれた場合には早期に解決すべくご支援させて頂きます。

LinkIconお問い合わせフォーム

employment (職場でのトラブル)

iStock_000006154215XSmall.jpg

2010年春に改正労働基準法が施行させて以来、これまで以上に職場でのトラブルに焦点が当たりつつあります。給料の未払い、サービス残業の強要、パワハラ、セクハラ、不当解雇等々。職場において、これまで気にならなかった、または気になっていても言い出せなかったようなことが、徐々に表面化してきています。法律的に守られるべき労働者の権利をないがしろにし続ける企業に対し、社会全体がNOを突きつけはじめています。もちろん企業側も「法令遵守の圧力」と「現実」との狭間で試行錯誤を繰り返していますが、労働者がその犠牲になってはいけません。感情面、精神面の解決も視野に入れながら、じっくり依頼者様のお話を聴かせて頂いた上で、共にトラブル解決を目指します。

LinkIconお問い合わせフォーム

multiple debts (多重債務問題)

iStock_000014261434XSmall.jpg

違法取立や不当貸付け等で社会問題化して久しい多重債務問題ですが、社会全体として解決できたというには程遠い現状があります。総量規制導入に沸いた2010年6月以降、話題性は乏しくなったとはいえ、まだまだ多重債務で苦しみ悩まれている方に多く接します。我々専門家としても、任意整理や過払請求、破産申立や民事再生等、法的に整理・解決する方法はよく知っていても、依頼者様に多額の借金をするに至った原因と向き合ってもらい、収入と支出のバランスの取れた生活習慣を身につけて頂かなければ、根本的な解決ができたと言えません。ご自身やご家族がこれから先の人生を幸せに送って頂くためにも、ゆっくり考えて頂く時間を取りながら、解決に向けての支援をさせて頂きます。

LinkIconお問い合わせフォーム

inheritance / testament (相続/遺言)

iStock_000005908385XSmall.jpg

お亡くなりになられたご親族様の財産は、配偶者の方やお子様に相続されます。預貯金や不動産、株式等のプラスの財産だけでなく借金等のマイナスの財産も相続の対象となるので、一体どれだけの財産をお持ちだったのかを確定した上で、相続されるのか、相続を放棄されるのかを決めて頂きます。相続人が複数の場合、誰が何を相続するのかという問題もあることから、円滑で円満な相続手続きが行われるよう支援させて頂きます。また、ご自身がお亡くなりになられたときに、残された相続人同士が遺産分割でトラブルになることもあることから、ご自身の財産の配分方法等を生前に遺言として定めることができます。公正証書遺言が代表的なものとなりますが、ご納得いく内容のものができるまで徹底的に支援させて頂きます。

LinkIconお問い合わせフォーム

guardian (後見/保佐/補助)

iStock_000002722809XSmall.jpg

ご本人様やご家族の方の判断能力が不十分になってくると、日常生活において様々なトラブルに巻き込まれたり、財産の管理が思うようにできなくなる可能性があります。そのようなとき、成年後見制度を利用して後見人や保佐人・補助人といった第三者を法律行為や財産管理の代理人として選任することで、権利が保護され、必要な支援を受けることができます。司法書士で構成される公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート所属の司法書士が、安心できる未来を実感して頂けるよう支援させて頂きます。

LinkIconお問い合わせフォーム

registration (不動産登記/商業登記)

iStock_000004814137XSmall.jpg

贈与や売買で不動産(土地や建物)を取得したときは、法務局に備え付けられている登記簿上の名義を書き換えないと所有権等の権利者として保護されません。また、新たに法人を設立したり、取締役等の構成に変更があったり、資本の増加や減少、会社の合併や分割等々、その都度登記簿にその内容を反映させなければなりません。司法書士は登記の専門家として国民の権利を保護する役割を担ってきております。不動産登記においては、登記書類の作成から申請代理まで、権利の受渡しが安全確実に行われるよう支援させて頂きます。商業登記においては、他士業との密接なネットワークを活用し、単なる登記申請のみにとどまらない支援をさせて頂きます。

LinkIconお問い合わせフォーム

and others

iStock_000007500043XSmall.jpg


私たちリーガルーツ司法書士事務所は、専門性の高い司法書士業務を提供させて頂くことで依頼者様の権利義務の実現が円滑に行われるよう日々研鑽を重ねておりますが、より豊かで充実した「幸福度の高い社会」の実現に向けて、範囲を限定することなく活動したいと考えております。そこで私たちは、「幸福度の高い社会」というのを「夢や目標に向かってやりたいことを心ゆくまで追い求められる社会」と定義し、そうした社会の実現のため、「法律」という社会のルールに精通するとともに、「人」という社会的存在にも目を向け、より大きく広い視野からできる限りの支援・応援をさせて頂きます。